2014年3月アーカイブ

嫌味を混ぜて怒る医師は嫌われる

よく息子が
「だって先生に怒られるかもしれないから......。」
というような事を口にします。
親にしてみればそれくらいで先生は怒らないと思うんですけど
息子にしてみると先生に怒られるというのはとても嫌な事のようです。
それ程気にしないお子さんもいるみたいなのに何でかな......と
思ったら遺伝ですね。私もそうでした。

なるべく怒られないように、そこそこにいい子で、
目立たない様にひっそりと生きて来たんです。
まあ、要領も良かったんでしょう。

けれど、一度だけ産院の医師に散々怒られた事がありました。
(もともとは内科で転職をしてきていたお医者さんなんです。)
お腹の赤ちゃんに悪いことをしたわけでなく、
お腹の赤ちゃんに悪い影響があるだろうことを再確認したら
嫌味交じりに散々怒られたんです。
その医師の言う事を簡単に纏めると
「お腹の赤ちゃんがどうになってもいいならそうすればいい。」
というような事でした。

ただ、確認しただけなのに何でここまで言われなきゃならないんだと
当時は本気で涙出てきましたね。
今なら反撃できるかもしれないけど、たぶんマタニティーブルーだったんでしょう。
マタニティーブルーなんて症状があるんだから
あんな言い方しなくてもいいだろうと今でも思うくらい酷かったです。

後から他の妊婦さんに聞いたら相当評判の悪い医師だったそうです。
ああ、そうかだからあの時診察室に一緒にいた看護師さんが
気の毒そうな目で見てくれていたんだと納得。

できる事ならそういった評判の悪い医師は早いところ
お役御免にしていただきたいところですね。
非常勤だったみたいだし。

看護師とオリンピック観戦

うちの姉ちゃんは看護師、こないだ俺がリビングでオリンピック見てたら姉ちゃんが帰ってきて一緒に見ることに。トリアージナースというのをやってます。姉ちゃんは帰りが遅いときはだいたい俺しか起きてないからって、酒飲んだりしながら俺に絡んでくる。今回はオリンピックのおかげで絡まれずに済んだ、と思っていた。ウィンタースポーツって事故多いから、オリンピック中もやっぱりケガとか多い。そこで看護師発動、選手がケガしたってリポーターが言ったら横で解説が始まる。けっこう豆知識だなとか思って聞くときもあるけど、オリンピック見たいのに看護師スイッチ入ったら止まらない。愚痴ったりするときは仕事が嫌だの、看護師やめてぇだの言ってるくせにいつでもこの調子だ。結局そういうのが好きらしい、患者さんの話とかだっていっつもしてくるし。んでちょうどメダリストの競技始まるからって画面に夢中になってたら、ちょっと聞いてんの?!あんたも知ってた方がいいのよ!とかキレられるし。はいはい、聞いてます。うちの姉ちゃんは看護師、俺は姉ちゃんのおかげで看護師が苦手になってきた気がする。病院に行っても看護師さんが話し出すと、つい構えてしまう。はぁー、早く良い絡み相手を見つけて嫁に行ってくれ。

火災は怖い

この間私の家の比較的近くで火事がありました。

結構燃え広がりがひどくて長時間消火までに時間がかかったんだけどやっぱり火事って本当に怖いですよね。

一瞬にして何もかもを失ってしまう。

私はマンションといえども自分の家を手に入れたばかり。

火災には十分気をつけなきゃいけないなって改めて考えさせられました。

看護師の給料ってそんなに高額じゃないし火事なんて出してしまったら私の人生は終わっちゃう...。

一人暮らしだと火の始末、自分がしっかり注意するしかないもんね。

だけど自分がしっかり注意していても隣近所からのもらい火なんてことになったらどうにもならないよね。

確かもらい火になってしまっても出火元の人は弁償義務ってないんだよね?!

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。