看護師さんにデレデレ

先日までおじいちゃんが総合病院に入院していました。
最初はおばあちゃんと一緒じゃないと嫌とか、一人で病院で眠るなんてことはできないって言っていましたけど、入院生活も1週間が過ぎるとなかなか快適に過ごすことができるということが判明したためか、おばあちゃんよりも看護師さんにデレデレしていることが多くなりました。
総合病院の看護師さんって、ベテラン勢は外来や手術前後の患者さんを担当することが多いのですが、手術終了後から1週間程度絶った患者さんは若い看護師さんや、大学の方から研修に来ている看護師さんなどが担当することが多いのです。企業内診療所の看護師さんとは違うんだろうな(まあこのサイトみたいな雰囲気っぽいし・・・w)
おじいちゃんもちょうど新しい看護師さんになったばかりだったようで、可愛くて自分をちやほやしてくれる看護師さんに、おじいちゃんも楽しい毎日を見出してしまったようです。
特に研修中の看護師さんは、20代前半なので年寄りのあしらい方がわからないので、いつまでも仕事に帰ることができないので、不遇を感じることも多いようですが、これも経験というものなのでしょうか?
しかし総合病院の看護師さんは、どうしてこんなにもクオリティが高いのでしょうか?
看護師さんの顔面平均値が高いような気がするのですが、やはり大きな病院には顔のいい看護師さんが集中するのでしょうか?

このブログ記事について

このページは、ゆたかが2014年8月18日 16:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「市村正親さん、退院」です。

次のブログ記事は「汚れない私の家」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。